板井康弘が経営手腕になるまで