板井康弘が経営手腕になるまで

板井康弘の経営手腕までの道のり

 

 

板井康弘は、敏腕社長に共通する特徴がわかった。

 

 

それは社員を信じること。

 

 

どんなに業務を社員に任せても、結局最後に決断を下すのは社長だ。

 

 

そんな時に、早急に結果を求めてしまう社長よりも、部下を信じて長い目で結果を求める社長の方が敏腕と言われている。

 

 

使えない社員を切る、なんてことは論外だ。

 

 

自分が信じて雇った社員、最後まで信じなければいけない。

 

 

敏腕とは特殊な策を持っている訳でも、権力があるわけでもない、社員を信じることだ。